計画的に使っていくカードローン

カードローンはお金に困ったときに頼れるサービスとなりますが、それはあくまで計画的に使った場合に限ります。無計画に次から次へと借りてしまうと多重債務に悩まれてしまう場合もあり、返済に自分自身が困ることとなるのです。

 

しかし、しっかりと返済を考えた計画的なカードローン利用を進めている限りは、優れたサービスとして安心ができます。不安を感じる方が多い金利面も一昔前に比べると軽くなっているため、返済時の支払利息も抑えられるようになっています。

 

返済がしやすい範囲での借り入れや、収入や支出から考えて無理のない範囲での利用に留めておけば、カードローンの返済で困ることはそこまでありません。計画的に使っていけばカードローンは便利なサービスとなるため、安心して使うためにも余計な借り入れは重ねないようにしましょう。

 

カードローン自体は悪いことではない

カードローンは利用自体が悪とされている風潮もありますが、何も悪いことをしているわけではありません。そもそも借金が悪とするならクレジットカードの利用も悪であり、カードローン自体が悪いことのように言われるのはおかしな話なのです。

 

お金に困る場面は人それぞれ起こり得てしまい、どうしてもお金が必要になる生活のシーンもあります。そんなときに怪しいところからお金を借りてしまうぐらいなら、安心のサービスとなっているカードローンを利用した方が良いに決まっています。

 

カードローンは悪といった先入観に支配されてしまい、カードローンではなく友人や知人から借りると、後々の関係にも何らかの影響を及ぼす可能性もあります。カードローンで借りたお金は返済をすれば終わりですが、お金を借りることによって生じる人間関係の乱れは返済をしたからといって簡単には取り戻せないのです。

 

悪いのは無計画に借りる人

カードローンは悪いサービスではなく、正規の消費者金融や金融機関での借り入れであれば、しっかりとしたルールに則った安心ができるものとなります。ただ、カードローンは限度額内で繰り返し借りられてしまう点、申し込みから契約までが比較的手軽な点もあり、どうしても使いすぎてしまって返済に困るケースがあるのも事実です。

 

返済に困ると「カードローンは金利が高い」「返済が苦しい」などと責任転嫁をしてしまうもので、元々は計画的に利用をしていればそこまで負担にならないはずのカードローンの返済も、無計画に借りることによって大きな負担、そしてカードローンが悪いなどと思うようになってしまうのです。

 

当然ではありますが、悪いのはカードローンのサービスではなく返済ができないような、負担になるような借り方をしてしまう方です。負担になるぐらいまで貸付がされるのが悪いとする声もありますが、現在の貸金業法では消費者金融からは年収の3分の1まで、銀行のカードローンであってもしっかりとした審査を行うために簡単に大きな金額は借りられないようになっているので、貸す側が悪いというのも話は通りません。

 

仮に貸し付ける側が悪いとする声があるとしても、闇金のように押し貸しによる強制的な貸付をしているわけでもないので、やはりカードローンが悪いとされるのは利用者の意識や使い方による部分が大きいのです。

 

 

不安であれば低金利のカードローンを

使い過ぎ、借り過ぎなければ安心のカードローンも、何らかのきっかけで想定以上の借り入れを重ねてしまう場合もあります。そうなったときにでも返済が大きな負担にならないように、借りる際には低金利のカードローンを優先して考えておくと安心です。

 

例えば銀行のカードローンは消費者金融に比べると金利が低くなっていることから、返済の負担も大きくならないとされています。もちろん借り方や返し方次第ではあるのですが、単純に同じ金額を同じ期間だけ借りるとすれば、返済の際の負担は低金利で借りた場合が軽くなるのは言うまでもありません。

 

最近では銀行のカードローンも手続きが消費者金融と大差ないようになっており、手間も時間もかからないのも銀行で借りる良さの一つとも言えます。また、借り入れる銀行によってはオリックス銀行カードローンの口座開設のように口座を開く必要が無いカードローンもあるため、利用先の条件や基本をしっかりと見ておくと手続きを進める上でも戸惑うことはありません。

 

利用先が多くなってしまった場合

計画的に使うのが基本のカードローンですが、借り入れが増えてしまって返済が負担になってきたと感じられる場合には、完済へ向けた返済ができるような借り換えを進める必要が出てきます。借り換えと言っても一つの借り入れ先を乗り換えるのではなく、複数ある借り入れを一つのカードローンにまとめて借り換える「おまとめローン」の利用となります。

 

おまとめローンは専用のローンを使うよりもカードローンでまとめた方が自由度が高く、利便性も高いために人気です。銀行の低金利で限度額が大きなカードローンであれば借り入れた金額でのおまとめローン利用が可能となるので、細かく高金利で借りてしまったものが複数ある場合には効果的な借り換え方法となります。

 

まとめて借り換えればおまとめローンで返済が軽くなるので、今までのように返済金額の多くが利息となることもありません。完済までの期間も短くできる場合があるので、総支払額も抑えつつ無駄のない返済が可能となるのです。

 

カードローンは生活費などでの利用だけでなく、多くの用途に対して頼れる借り入れが行えるようになっています。しかし、上にも挙げたようにそれはあくまで計画的に借りた場合となるので、借りすぎには注意をして無理のない返済が行える範囲で借りるようにしてください。